【変圧器のよくある質問】

Q. V(ボルト)って何ですか?
A. V(ボルト)・・・電圧を表す単位にボルトを使いますが、Vは電気を押し出す力の事をいいます。日本の家庭用の電圧は一般的に100Vですが、国によって電圧は異なります。(→
各国の基本情報のページ参照)

Q. A(アンペア)って何ですか?
A. A(アンペア)・・・電気の流れる量を表す単位です。

Q. W(ワット)って何ですか?
A. W(ワット)・・・ 電気が仕事をする力の事をいい、ここでは消費電力ともいいます。消費電力(W)=電圧(V)×電流(A)になります。

Q. 電化製品の細かい情報がどこに書いてあるか分りません。
A. 電化製品にACアダプターがついているタイプであれば、そのACアダプター(INPUTとOUTPUT情報)を、ついていないタイプの場合は製品本体のどこかに記載があります。それでもない場合は、メーカーや取扱説明書を確認して下さい。

Q. 電化製品にAC100-240Vって書いてあるけど、海外で使うのに変圧器は必要なの?
A. 物理的に言えば、変圧器なしでも100-240Vの国・地域であれば使えます。ただ、その製品のメーカーが国内使用のみの動作保証を謳っているのであれば、海外での動作保証はありません。壊れた場合も保証等はきかない場合が多いので、予め確認した上でご使用下さい。

Q. 炊飯ジャーを海外で使いたいのですが、使えますか?
A. 炊飯ジャーの消費電力をご確認下さい。炊飯ジャーを海外でご使用いただく場合、炊飯ジャーの消費電力の2倍程度容量のある変圧器が必要です。
 例) 600Wの炊飯ジャーの場合→ 最低でも1200Wの変圧器

※2倍にした時の消費電力が2000W以上を超えるようであれば、変圧器を通してのご使用はオススメできません。スワロー製変圧器のみ1.25倍の計算でお使いいただけます。

Q. ドライヤーやヘアアイロンを海外で使いたいのですが。
A. ドライヤーのようなモーター仕様の電化製品の場合は、消費電力×3、ヘアアイロンのような電熱器具の場合は消費電力×2倍の容量の変圧器をご用意下さい。変圧器の容量が電化製品の消費電力をカバーできない場合は海外対応の家電製品のご用意をお勧めしております。

※スワロー製変圧器でしたらモーター品で2倍、熱製品で1.25倍でお使いいただけます。

Q. 変圧器をどういうふうに選べばいいのか分らない。
A. 変圧器を選ぶ前に、海外(渡航先)の電源情報と、海外でご使用いただく予定の電化製品の情報をよく確認して下さい。

  1. 電化製品自体の対応電圧(→INPUT部分を確認)
  2. 消費電力の確認。(→OUTPUT部分を確認)
  3. ご渡航先の電圧、電源コンセント形状の確認(→各国の基本情報のページ参照)
以上をご確認いただいた上で、
  • 変圧器の対応電圧が渡航先の電圧と合っているか。
  • 電化製品の消費電力を十分にカバーできる変圧器か。
  • 変圧器のコンセントプラグは渡航先の形状と合っているか。
という点を照らし合わせて確認して下さい。

Q. 変圧器を選ぶ時の注意点はありますか。
A. 熱器具は消費電力×2、モーター仕様の製品は消費電力×3倍の変圧器が必要です。

  例)1200Wのドライヤーの場合  →3600W以上の変圧器が必要

※スワロー製変圧器でしたらモーター品で2倍、熱製品で1.25倍でお使いいただけます。

 また、30分以上連続してご使用いただく場合は、変圧器の容量の75〜80%以内に収まるようにご使用下さい。

  例)65WのノートPCを2時間以上連続使用する場合
  →少なくとも90W以上容量のある変圧器をお選び下さい。

Q. 1台の変圧器で複数の電化製品が使えますか?
A. 容量に十分余裕をもっていただいているのであれば接続可能です。 目安としては、合計した電化製品の消費電力が変圧器の容量の70〜80%程度におさまっているかどうかを目安として下さい。

Q. 中国製の変圧器でも大丈夫?
A. 昔と違って日本で扱っている中国製変圧器は国内で設計をしていますので、性能が上がっています。 中国製変圧器の利点は価格が安いということです。ただ、熱が出る炊飯器やモーターを使った様な製品を使う場合は日本製の変圧器をおすすめしています。